GLOW7月号本日発売です!

こんばんは、ファッション&食べ物?担当のYです

とっても可愛い石田ゆり子さんの笑顔が目印の
GLOW7月号、本日発売です

付録のロベルタ ディ カメリーノのがま口ポーチも
夏らしいパイル地でとっても素敵です

今月の誌面は「パリ・スタイル」が満載です!
GLOW女子が目指すべき「大人可愛い」は
まさにパリジェンヌをルーツ、そして手本にしてきている
ことを実感しました

私はその中でお部屋、雑貨、お取り寄せのパートを担当。
日本でできるパリのライフスタイルを提案させていただいています。

今回のお取寄せでパテを掲載した
「フレンチレストラン オギノ」さんで
先日ディナーをいただきました
(注:お料理はデセール以外すべてハーフサイズです)

まず、前菜1はウニとホタテのタルタル 柑橘のジュレ 焼きカリフラワーのムース。
P1180199

濃厚なウニにプリプリのホタテ、そこに爽やかな柑橘のジュレの酸味が加わり、
それをほんのり香ばしさがありつつクリーミーなカリフラワーのムースが優しく包み込みます♪

次の前菜はフランス産 ホワイトアスパラのソテー パプリカソース ポーチドエッグ添え。
P1180204

ホワイトアスパラもそろそろ東京では終わりでしょうか・・・?さみしいです
しっかり焼き込んだホワイトアスパラはほのかな苦味が出ていて、
そこにとろ~んとしたポーチドエッグがかかると・・・

魚料理は平目とホタテムースのルーロー ソースアメリケーヌ。
P1180212

平目の白身を、ふわっふわのホタテのムースで巻き、
海老の香りが濃厚なソースアメリケーヌをたっぷりかけた、
口当たりは優しいながらもしっかりと古典料理の雰囲気が感じられるひと皿です。

そして、肉料理は・・・仔豚脳みそのムニエル アーモンド添え 焦がしバターとバルサミコ。
(それほどリアルではないと思いますが、この手が苦手な方は写真を飛ばしてください)

P1180213

羊は食べたことがありましたが仔豚の脳みそは初体験。
白子のような食感と風味で、香ばしく焼き上げた外のカリカリ感と
ふわとろの中身のコントラストがたまらないんですよ~。

デセールはフランス伝統菓子シリーズのパリブレスト。
名前にもさりげなくパリが(笑)

荻野シェフがカットする前にホールで見せてくれました
お、大きい
P1180220

カットするとこんな感じです。キャラメルのアイスとともに。
P1180229

中のクリームが見た目以上に濃く、
かなりどっしりとした一品。
今っぽくない重厚さが逆に新鮮でした

フレンチレストラン オギノは予約困難ですが、
代官山のターブル オギノは
カフェ形式で気軽に行けるのでおすすめです~。
お惣菜やパン、スイーツも美味しいですよ♪

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読