『スター・ウォーズ』をアートとして楽しむ! 初心者からマニアまで満足できる、展覧会にGO

Web版TRY

2015/05/28

a331e9b1727fedb670d8213a991e17a0.jpg

『スター・ウォーズ』と聞いて何を思い浮かべるかは人それぞれですが、映画をしっかり観たことがない筆者の場合、あの有名なテーマ曲と個性的なキャラクタービジュアルが頭の中に即座に浮かびます。映画好きの友人達がこぞって「『スター・ウォーズ』の12月の新作が楽しみすぎる!」「12月までに全シリーズ、もう一度見返そう!」とSNSで熱い投稿をしていたこともあり、年内に新作が公開されること、世間的に盛り上がっていることは把握済み。今回のTRYでは、六本木ヒルズ展望台 東京シティービュー内スカイギャラリーにて開催されている「スター・ウォーズ展 未来へ続く、想像のビジョン」という、『スター・ウォーズ』をアートの観点からとらえた展示に行ってきました!

鑑賞前に、チームTRYと『スター・ウォーズ』の距離感を知るべく全作観たことがあるか否か尋ねてみたところ、筆者とカメラマンを除いて全シリーズ観たことがあるという結果に。ライターの根岸聖子さんは、公開当時に観たことがないシリーズもあるものの、カルチャーの一般教養として観ているとのこと。イラストレーターの小迎裕美子さんは、写真撮影のために今回私物のライトセーバーを持参&大好きなキャラクター ストーム・トルーパーのTシャツを着用…というエピソードからおわかりのように、『スター・ウォーズ』の大ファン! 初心者の筆者に、登場人物や物語の概要を詳しく説明してくださいました。

12cbb751d3b999f5c952074a305a8598.jpg

エントランスには軍事要塞施設「デス・スター」にダース・ベイダー卿、そして窓にはずらっとストーム・トルーパー(銀河帝国軍の兵士)が。

会場に入ると、白を基調としたメインエントランスが広がります。視線を上にずらすと、銃口をこちらに向けたストーム・トルーパーが壁面にズラリと並んでおり、映画の中に迷い込んだかのよう。中央に鎮座するダース・ベイダーの威圧感に、初心者ですみませんと謝りたくなりました。このエリアでは、8分に一度、光と音の演出が行われます。夜に行けば、東京が一望できるロケーションの中、映画の世界観を夜景と共に楽しめますよ。
メインエントランスを進むと、1つ目のセクション“The Original Visions~スター・ウォーズの原点~”が。『スター・ウォーズ』の生みの親 ジョージ・ルーカス氏が影響を受けた貴重な資料が展示されています。今年公開のものを含めて、7シリーズにもわたる超大作が生まれた背景を知ることができます。ファンの間では有名なエピソードかと思いますが、かの黒澤明監督の映画『隠し砦の三悪人』の登場人物設定から着想を得ていた作品だったとは…! 日本文化が世界的超大作に影響を与えていることを知り、思わず感激!

3bd5d5e3b352a3c8d50b116154dd2baf.jpg

『スター・ウォーズ』と言えば、な有名キャラが勢揃い!

5つ目のセクション“Vision of SAGA~サーガと運命の肖像~”では、実際に撮影に使用された衣裳や銃などの小道具、アーティストが描いた登場人物たちの肖像画が一部屋におさめられています。肖像画はもちろん、名付けられたタイトルにアーティストが思う「スター・ウォーズ観」がよく表れているように思いました。
最後のセクション“Vision of DROID~ドロイドが見たサーガ~”では、エピソード1から6まで全てのシリーズに唯一登場し続けており、ジョージ・ルーカス氏の大のお気に入りでもあるC-3POとR2-D2の名コンビが登場! この2体のドロイドが過去6作を振り返る、この展示のために作られた貴重な映像を観ることができます。

今回の企画展では、様々なアーティストによる『スター・ウォーズ』からインスパイアされた世界初公開のアート作品、シリーズ6作品の中で実際に使用されたコンセプトアートや衣裳、小道具など計約100点が展示されています。また、屋上のスカイデッキでは、ライトセーバーを持ってダース・ベイダーと一緒に写真が撮ることができるファン垂涎の内容となっています。筆者のような『スター・ウォーズ』初心者でも、壮大な世界観に触れることで「全シリーズ観てみたい!」と思えることでしょう。12月の公開が楽しみになること、間違いなし!

(マンガ&イラスト:小迎裕美子、撮影:松橋晶子[PPI])

© & TM Lucasfilm Ltd.

■スター・ウォーズ展 未来へ続く、想像のビジョン
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52F)
会期:~6月28日(日)まで
電話番号:03-6406-6652(東京シティビュー)
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:30)
料金:一般1800円、高校生・大学生1200円、4歳~中学生600円。屋上スカイデッキは別途500円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読