大人の衣食住がそろう代官山Fred Segal

Web版TRY

2015/06/12

 a2d8deb01c0c9dc006d169cee8310b56.jpg

 ポートランドやブルックリンなど、街が生み出したカルチャーとライフスタイルが続々日本に伝わって来ていますが、またもや西海岸を代表する新興勢力が上陸。それが、渋谷駅界隈の再開発地区で生まれた新商業空間「ログロード代官山」にオープンした複合セレクトショップ「Fred Segal(フレッド シーガル)」であります!
 西海岸のセレクトショップといえば「ロンハーマン」が思い浮かびますが、「フレッドシーガル」は1961年創業と、76年創業のロンハーマンよりも古く、ライフスタイル提案型のセレクトショップとしては、まさに先駆け的存在。世界初出店となる代官山店は、アメリカ西海岸のリラックス感と、都会的でモダンなライフスタイルの提案と、東京に暮らす大人の女性のニーズをがっつり掴んできます。

6d81f80036b18f61d7d1e3baf1523ede.jpg

オープンしたばかりの話題の施設

 代官山駅から向かい、かつて線路のあった場所に辿り着くと、まずは食マーケット<THE MART AT FRED SEGAL(ザ マート アット フレッド シーガル)>がお出迎え。レトロなデザインの赤のキッチンカーでは、ガーリックシュリンプサンド(700円)、サルシッチャのホットドック(700円)など、西海岸テイストのカジュアルフードがいただけます。
 キッチンバス前の立て看板で飲み放題の文字を頭にしっかり刻みつつ(まだ午前中で開店前)、こちらも日本初出店となるポートランドの人気ドーナツ店「CAMDEN’S BLUE☆DONUTS(カムデンズ ブルー☆ドーナツ)へ。行列のできるドーナツ屋さんとして、スタッフは朝6時から作業を開始し、なんと1日1200〜1500個まで生産量を増やすべく励んでいるとのこと。その日に提供するドーナツはその日に作った物だけというこだわりに加え、勤勉な日本人ならではの素敵エピソードに、ますます食欲が刺激されます。

244a15ff68ae74501d17fffbcfb98adb.jpg

ドーナツは視覚的にも美しく、全種類制覇したい

 オープン前から並んでいる人の後ろに並び、迷いに迷って6個を選択。本当は全種類食べてみたかったくらい、どれも本当に美味しそうなんです! 個性が強そうで食べる順番も迷いましたが、シンプルな「メープルベーコン」(380円)や、たっぷりチョコの乗った「ヴァローナチョコクランチ」(380円)からスタートし、「ブルーベリーバーボンバジル」(380円)、「コアントロークリームブリュレ」(380円)からの「宇治抹茶」(350円)、そしてラストはドーナツなのにスパイシーだという「メキシカンスパイシーチョコレート」(350円)でシメ。3人で1個を三等分して、6種類の味を堪能しました。結論としては、美味しく、そしてとても腹持ちがいいので、早々に朝活女子会的な集いを開催したくなりました。

ea74fd4454123f4c5407435700562942.jpg

日差しが差し込む広く明るい店内に、上質なアイテムがズラリ

 つい、“食”の話が長くなってしまいましたが、その奥には<Fred Segal WOMAN><Fred Segal MAN>と、衣類と雑貨を扱うショップが続きます。白をベースとした広々とした店内には木彫の什器のエリアもあり、カジュアルモダンなアパレル、ヴィンテージアイテム、オーガニック系コスメなど、生活を彩ってくれるちょっとリッチな品々がそろっています。オリジナルの雑貨も、ロゴのカラーである赤と青、そして白の3つの配色とレタリングでシンプル&キュート。手土産(ドーナツ)はもちろん、プレゼント(ライフスタイル雑貨)としても喜ばれそうなものばかりです。

(取材・文:根岸聖子 マンガ&イラスト:小迎裕美子 撮影:松橋晶子[PPI])

■Fred Segal DAIKANYAMA
住所:東京都渋谷区代官山13-1 ログロード代官山 2号棟THE MART AT FRED SEGAL
営業時間:2号棟THE MART AT FRED SEGAL 9:00~20:00、3号棟Fred Segal WOMAN・4号棟Fred Segal MAN11:00~20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読