河口湖でゴージャスなBBQ&キャンプ!

Web版TRY

2015/07/28

8e8b14d64f90158a1a8391665c46c2b6.jpg

 梅雨が明け、ついに夏のアウトドアシーズンがやってまいりました! 海へ山へ、ファミリーや仲間でのおでかけは、想像しただけでワクワクします。特に最近気になっていたのが、グラマラスとキャンピングを掛け合わせた大人のキャンプスタイル「グランピング」。普段、趣味の山登りでは機能性重視でコンパクトなテントで寝泊まりしたりしてますが、正直、俗っぽいものも大好きなので、お金をかけた豪勢なキャンプやBBQにも興味があります。今年4月に河口湖にオープンした『WILDMAGIC-THE THIRD PARK』も、注目のグランピング施設のひとつ。キャンプ場にレストランが併設されているオーベルジュスタイルというのも魅力的です♡ 東京からのアクセスがよいので、さっそく高速バスで行ってきました!

MAT0701_5014

広大な施設は全体で12,000坪!

 あいにくの雨、そして日帰りという条件でしたが、どんな場所なのかをチェックするには十分です。高速バスが到着した河口湖駅からタクシーで約15分。まずは宿泊施設のチェックから。近未来的なドーム型コテージが並ぶ「BREEZEDOME」エリアは、それぞれに内装のコンセプトが異なっており、「オールディーズ」「アメリカングラフィティ」「ブルックリン」など、カジュアル系やミッドセンチュリー風な家具と、コンパクトな二段ベッドが並んでいます。続いては、アウトドア風味たっぷりの「FOREST CAMP」サイトへ。ウッディな家具を配置したリビングとマットレス+寝袋の寝室と、こちらもかなり快適そう。宿泊プランは「プレミアアメリカンBBQ」。今回は、現在試作中の「熟成肉BBQ」を特別に体験させていただきました! キャンプなのに、熟成肉コースが食べられるという贅沢さは、まさに舌の肥えたGLOW世代にぴったり。

MAT0701_5040

BBQサイトは屋根付き。雨でも安心して楽しめる

 今回は日帰りなので、女4人でBBQにトライ。基本はセルフで、火起こしから自分たちで行います。「本当にできるのか!?」と不安に思っていたところ、小学生でもできるマニュアルがあるそうな。覚悟を決めて軍手を装着し、グリルに炭を並べるところから、いざスタート!

d9730cb151b422e1c377320d4267297a.jpg

マニュアルに従って炭の量を調節して、火力がつきやすいようにコントロール

 丸いグリルのはしっこに炭を多く積み上げ、中央に行くほど少なくするのが、強火・中火・弱火と火力をコントロールするのが秘訣(と教わりました)。着火材にライターで火をつけ、炭の中に入れて火が行き渡るまで待ちます(10~15分ほど)。こちらのWEBER社のグリルは、蓋をして蒸すことで、肉や野菜の水分を逃がさず美味しく焼けるのだとか。これまで、BBQではカットした肉しか焼いた経験がないのですが、こちらではカタマリ肉を焼く楽しさが味わえます。表面に焼き色がついたら、蓋をして8~10分ぐらい置き、肉汁を閉じ込めるのがコツ。焼き加減を調べるためには、触って固さを確認します。ハンドチェックで見極めるには、親指と人差し指を力を入れずに合わせて、親指のつけ根のふくらみを固さと肉の固さを比べることがポイント。このときの固さと同じだったらミディアムレアで、中指、薬指、小指に行くほど焼きが浅いということに。
 時間がないトライチーム、ミディアムレアぐらいで引き上げ、ワクワクしながらカット&イート! やはりお酒はハズせないということで、雨の中、レストランに駆け込んでビールを買いこみ、ジューシーな肉を堪能させていただきました。

MAT0701_5062

肉は熟成肉とリッチなBBQ。じっくり10~15分ほど焼きます

 いや~緑の中、澄んだ空気と外で食べるご飯は本当に美味しい…!!(お酒も!)そんなBBQはもちろん、レストランのコース料理も気になるので、ここははやり宿泊も経験せねば…と後ろ髪を引かれる思いで施設をあとにしたトライチームでした。

■THE THIRD PARK KAWAGUCHI LAKE & MEATMAGIC「清水国明の森と湖の楽園」内
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立5606
電話番号:0550-73-4116
営業時間:10:00~22:00
宿泊プラン:FOREST CAMP AREA サイト代+BBQ+朝食代込み1名1万2600円~(税込)それぞれ4名利用時。AMUSE BBQ AREA 4500円~(4~6名)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読