森の中で楽しくトレイルランニング!

Web版TRY

2016/05/28

!cid_2C667ACC-F355-4203-BD20-B077E9EE1ECD+
街中ではなく、自然の多い公園や森林、登山道などを走る「トレイルランニング」。ふつうのラン以上にハードルが高いイメージでしたが、天候のいい季節に始めてみようと、都内にある「林試の森公園」へ行って来ました。こちら、公園なので整備も行き届いており、しかも土の上が走れるということで、トレランビギナーにもオススメの場所なのです。

MAT0510_8008

公園なのでふつうのランニングシューズでも問題はないですが、せっかくなので、トレラン専用のシューズをはいてみることに。さっそく、デザイン的にも可愛く、さらに傾斜のある山の中でも滑りにくいという、初心者から上級者まで使えるメレルの「All Out Charge」をチョイス。まずは形から入ることで、自然にモチベーションも上がってきます。

広大な公園内は、舗装された広めの道から、木々の間を走る小道まで、自在に走るコースを選ぶことができるのがありがたい。ラン好きカメラマンの松橋、山登り大好きな私と、普段、運動をしないイラストレーター小迎と編集Aという編成のTRYチーム、まずは舗装された道で走ることに体を慣らすことからスタート。10分ぐらい走ったところで、土の道に出て、傾斜のある場所を選んで徐々にトレランっぽい走りに突入です。つまづいたり、すべったりしないよう、足もとに注意しながらも、緑の多い場所を走る気持ちよさを実感! 街中ランナーにとっては、アップダウンのある林道を走り込むことで、マラソン大会などにむけて、さらに走力がつくとのこと。ラン初心者にとっても、緑の多い場所で走る爽快さを体感することで、走ることに対する抵抗感が薄れてくる利点があります。事実、舗装された道を走るランにはあまり魅力を感じていなかった私、こういう場所なら楽しめるなと、かなり高まりました!

MAT0510_8018

トレランの本領は山道を走ることなので、本格的に里山へとグレードアップするには、さらなる走り込みが必要。が、車の通りもなく、気持ちよさ、爽快感を味わえただけでも大満足です。森のような公園なので、日差しも遮ってくれるし、疲労もたまりにくい気がしました。

ひとりで黙々と走るには腰が重くても、TRYチームのように、軽い気持ちで集まって走ってみるのは、ある種、イベント感覚で楽しいもの。ストイックには程遠いですが、「楽しかった!」という気持ちが残れば、次回へと繋げるキッカケとなります。運動不足を感じている人こそ、木々の多い公園へ、おしゃべりしながらゆる~く走りに行くくらいがちょうどいい。体育会女子会、ストレス発散とダイエット効果の両方でオススメです!

(マンガ・イラスト:小迎裕美子 取材・文:根岸聖子 撮影:松橋晶子[PPI])

 

林試の森公園
住所 : 東京都品川区小山台二丁目の一部、目黒区下目黒五丁目の一部 
電話番号 : 03-3792-3800
営業時間 : 8:30~17:30
アクセス : 東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線の武蔵小山駅より徒歩約10分
WEBサイト : https://www.tokyo-park.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読