アイデアを形にする! アメリカ発DIY工房

Web版TRY

2016/06/28

okweb用/GLOW-TRY68-テックショップ工房

会員制のDIY工房「TechShop」という、新しい施設に行って来ました。こちらはガレージ文化のあるアメリカ発祥で、個人では購入できない最先端の機器をシェアしよう、というのが、そもそものはじまりだとか。2006年からスタートしたこの「TechShop」、今はアメリカ国内で8店舗あり、この春、ついにアジア1号店として東京・赤坂にオープン。DIYと言われても、狭い日本、特に都心部のマンションなどでは、工具やスペースの関係でどうしても作るものにも限界があるイメージが。でも、こちらはそれを解消して余りある、可能性に満ちた空間なのです!

_DSC2980

一歩足を踏み入れると、まぁ、とにかく広い。仕切りがない。天井が高い。開放感がハンパない! これは、作業のためだけに工作機器を利用するのでなく、モノ作りを通してコミュニティが生まれやすくする目的があってのこと。会員制なだけに、通ううちに顔見知りになったり、作業台で作っている過程を目にしたときなどに、自然に会話が発生しやすくなるのだそう。ちなみに、技術的なアドバイスをくれるスタッフの呼称が「ドリームコンサルタント(DC)」というのも、「TechShop」のコンセプトがBUILD YOUR DREAMS HERE(あなたの夢をここで形にしましょう)で、その夢をお手伝いする役割、そして会員同士を結びつけるハブの役割を担っているから。DCさんを通じて、さらに詳しい会員が知恵を貸してくれたりすることも。ワークショップや交流会も随時開催されているということで、我々TRYチームも、そのワークショップを通して、さっそく人の繋がりとコミュニティ力を実感することに!

というわけで、このような最先端な場所で、DIYビギナー、TRYチームが作るのは木製時計。図工のイメージだったけれど、サンプルを見てビックリ。手作り感はゼロ、まるで売り物のような完成度です。こちらが文字のタイプを選ぶだけで、あとはレーザーカッターがあっという間にくり抜いてくれるというハイテクっぷり。文字盤にも写真やイラストを転写することができるということで、我らが小迎さんのイラストを選び、「このイラスト、プリントできますか!?」と鼻息荒くDCさんに相談。小迎さん自身の名刺と同じイラストをと、まずはデータ化するところからスタート。担当のDCさん以外をも巻き込み、(私たち以外の)アイデアと経験値が集約され、まさに夢をカタチにしていただきました! こういうことができるんだと一度体験すると、素材を変えたらこんなことも…!? と夢が膨らみます。

_DSC3059

店内の工作機器を利用するには、まずSBUという安全&基本操作講習を受ける必要がありますが、木製のものだけでなくテキスタイル、ガラス、革製品に金属加工に家具まで、手先が器用じゃなくても商品レベルのアイテムが製作可能。あっという間にキルティング模様が作れる専用ミシンなど、他にも触ってみたい機器がたくさんありました!

(マンガ&イラスト:小迎裕美子 取材・文:根岸聖子 撮影:上原タカシ[PPI])

TechShop Tokyo
住所 : 東京都港区赤坂1ー12ー32アーク森ビル3F 
電話番号 : 03-5797-7110
営業時間 : 10:00~23:00
会費 : 個人会員入会手数料3000円、月額利用会費1万8500円、年間利用は19万8000円
※すべて税別、各種ワークショップあり
WEBサイト : http://www.techshop.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読