SHIBUYA109にて最新プリクラ事情を調査!

Web版TRY

2017/10/28

 SNS全盛期を迎えた今、写真と言えばスマホが主流。パワーワードはインスタ映えで、もはやシールなんて……と思っていましたが、日本が生み出したプリクラ文化も廃れてはおりません。ここ数年、プリクラ機に触っていないというGLOW世代も多いと思いますが(TRYチームもしかり)、実はJKの間では根強い人気を誇っているという、最新のプリクラ機を試してまいりました!

 場所は、JKの聖地、SHIBUYA109の7階。今年の9月にオープンした「moreru mignon(モレルミニョン)」には、激戦を勝ちぬいた人気機種が並んでいます。ところ狭しとばかりにプリクラ機が置いてあると思いきや、全体的にはテーマパークのような特別な空間で、しっかりインスタ映えするスポットになっているのも素敵。パステルカラーで統一されたスイーツモチーフをバックに、外国人の母娘観光客も、楽しそうに撮影しておりました。

 週末には2000人を超える来場者もあるというこの場所で、順番待ちの列に並んでいる間は加工アプリの「スノー」で撮影をしながらも、プリクラはまた別モノとして楽しむJKたち。一時期は、原型を留めないほど、とにかくデカ目フェイスになるところまで行ききった感のあるプリクラですが、今、人気なのは、ナチュラルな仕上がりで盛れるものだそう。その筆頭が、「KATY3」という機種で、3までバージョンアップされているところからも、人気のほどが伺えます。他にも、似顔絵アイコンが作れちゃう「Cyun’t2」や、顔はもちろん、ヘアーも美しく盛れるという「SALON AIR」など、各社が技を磨き、市場でしのぎを削っている模様。

 人の少ない午前中を狙い、さっそく髪まで美しく映る「SALON AIR」で試してみることに。数年前に撮ったときですら、スピーディな展開にオタオタしたものですが、これはプリ慣れしていない人でも安心! ありがたいことに、ポーズガイドもしてくれます。

「旬のピースってどんなの!?」「親指と人差し指で♡作るのが流行ってんだよね!?」「あっ、顔の近くに手を当てると、小顔に映るんだっけ!」などと、無駄にワーワー騒ぎながら、なんとか撮影は終了。ブースの外に出て、修正……じゃなかった、加工やデコタイムのステップに移ります。

 写真で重要な盛り度合いは1から100%まで加減が選べ、しかも、髪の毛のツヤ、チークやらリップ、肌補正もバッチリできるのがありがたい。ノーメイクだろうが、シミシワが気になろうが、まったく問題なし!「うるつや肌」や「天使の輪」など、気になる項目は残さず、タッチペンで指定。結果、ちゃんと顔の個性はキープしたまま、もとの年齢がわからないくらい、美しく加工された写真が出てきましたよ……。現実逃避的な意味でも、定期的に撮りにきたくなりました。久しぶりに会った友人たちとの記念撮影など、GLOW世代ならではの盛り上がりを見せることでしょう。

(マンガ&イラスト:小迎裕美子 取材・文:根岸聖子 写真:松橋晶子)

moreru mignon(モレルミニョン)

住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-29-1 SHIBUYA109 7F
電話番号 : 03-3477-5123
営業時間 : 10:00~21:00
休日 : 無休 
アクセス : JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、私鉄東急東横線、京王線ほか、銀座線など地下鉄渋谷駅からすぐ。地下鉄の出口は3a。
http://www.shibuya109.jp

 

『GLOW』最新号のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読