「実家の片付け」はやっぱりGLOW世代の切実な問題!

私事ですが、先日実家が引っ越しまして、
ここしばらくは週末のたびに実家に帰ってはいろいろな作業に明け暮れています。

現在は母がひとりで暮らしていますが、私が生まれた頃は6人で暮らしており、
1人旅立ち、また1人旅立ち…と5人分の荷物が残されている状態なので、
もうそれはそれは(片付けている母が)大変な騒ぎでした。

近頃「実家の片付け」が話題ですが、本当に骨の折れる作業です。
我が家は、母が自ら「子どもに迷惑をかけないために、
自分が元気なうちにいろいろ整理したい」と言い出したので、
大変ながらもどうにか自分たちで片付け&引っ越しをすることができましたが、
もし母に何かあってから私が整理しなければならない状態になっていたとしたら、
とても私だけでは対応できないところでした…。母に感謝です。
同じような問題に直面しているGLOW世代も多いかと思いますが、
できるだけ早いうちに手を打ったほうがよいと思います。切実に。

そんなわけで、実家から私の家に様ざまなものが持ち込まれました。
そのなかのひとつが古い桐のタンス。

IMG_20141018_164635

これ、なんとおばあちゃんの嫁入り道具なんです。
しかも、東京大空襲の時におじいちゃんが文字通り“火事場のくそ力”というやつで担いで運び出し、
家は焼けちゃったけどこれだけは残ったという、すさまじい歴史を持つタンス。
家具もたくさん処分したのですが、母がこのタンスも処分しようとしていたので
「なんてことを!!!!!」と引き取ってきました。

そして、このタンス以外にも大量の洋服やら思い出の品やらが持ち込まれ、
今度は私の家で秋の大断捨離フェアを遂行しているところなのです。

というわけで、11/9(日)のイベント「GLOW Premium Salon」で開催されるフリーマーケットには、
秋の大断捨離フェアに伴い、泣く泣く手放すことにした洋服を大量出品するべく準備中です。

IMG_20141105_224630

これも出品予定のラビットファーのコート。あったかいですよ!!!(買ってねアピール)

GLOW Premium Salonにいらっしゃる方々、ぜひフリーマーケットものぞいてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読