お風呂の殿堂ユネッサンで、ヤクルト風呂につかる!

Web版TRY

2014/12/12

 

 4bfffd1b34be79392430fab85c9cf9e9.jpg

 観光地としてよく名前を耳にしていたものの、これまで未踏の地だった「箱根小涌園ユネッサン」。ワイン風呂やら酒風呂はもちろん、「ガリガリ君ソーダ風呂」「ガリガリ君コーンポタージュ風呂」(←ガリガリ君好き)など、ニュースで取り上げられる度に気にはなっていたんです!

 というわけで、定番のロマンスカーで箱根へ。平日というのに、箱根湯本の駅とその付近は週末かと錯覚するほど多くの人で賑わっています。タクシーの運転手さんに聞くと、季節を問わず、箱根には人が集まってくるらしい。
 そしてついに「ユネッサン」に到着! 受付に辿り着くまでに1フロアー丸々使った売店を通るなど、まさにテーマパーク的な構造にテンションが上がります。受付を済ませてトロピカルな館内着など一式を受け取り、水着に着替えて風呂エリアへ突入!

 0dcfa98b70bc38555e695b139eac2378.jpg

「神々のエーゲ海」なるエリアから、風呂巡りがスタート!

 

6d6afafb4560a0463cc369f6dd0aae11.jpg

ワイン風呂は撮影スポットとしても人気あり。ボトル近くでシュールな写真を。

入ってすぐ目の前に広がるのが、プールかと錯覚するような大型スパ「神々のエーゲ海」。このネーミングにもシビれます。ジャグジーで体の疲れを癒しつつ、画ヅラが気になる「ワイン風呂」へ。巨大なボトル前は、カップルやファミリーが順番に笑顔で撮影中。「ワイン風呂」も「酒風呂」も、特に酒臭いということはありません。香りで言えば、「本格コーヒー風呂」では、ほんのりコーヒーの香りが楽しめます。

cbd97e6f81be28045fa1f4f86d7fd62e.jpg

ヤクルト風呂の浴槽は全部で3つ。飲まれている国の国旗デコで可愛くハッピーな空間に。

 体も温まったし、そろそろ目的の「ヤクルト風呂」へと移動。見た目の色は、まさにヤクルト! ヤクルトがそのまま入ってるわけではなく、色や香りを再現した入浴剤ということで口に入れるのはもちろんNG。ですが、ヤクルトを贅沢使いしているクレオパトラ気分に浸れます! デコレーションも可愛く、こちらでも写真を撮る人たちが。特に、1日3回、11時、13時、15時に行われる入浴剤投入パフォーマンスは大人気! 5分前にもなると、わらわらと人が集まってきました。手をかざすと、係の人が大きなヤクルトボトルから濃厚な入浴剤を注いでくれます。子供の頃からのおなじみ、ミルキーなヤクルトカラーに濃縮した甘い香りと、ノスタルジックな気分になりつつウットリ♡
 2015年1月12日までの限定企画なので、気になる方はお早めにどうぞ!

(取材・文:根岸聖子、マンガ&イラスト:小迎裕美子、撮影:松橋晶子[PPI])

■箱根小涌園ユネッサン
住所:神奈川県足下群箱根町二ノ平1297
電話:0460-82-4126
営業時間:[ユネッサン]9:00~19:00、[森の湯]11:00~21:00
入場料:[ユネッサン(水着エリア)、森の湯(裸エリア)]2900円、[パスポート]4100円
※ユネッサンの営業時間は、11月~2月は18:00までとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読