お洒落タウン・ブルックリン発 ゴリラコーヒーでブランチを♥

Web版TRY

2015/03/13

 42e0084007c682cd9264e39cdd9fa2c1.jpg

 赤と黒のコントラストが映えるゴリラグラフィックが目印、NYはブルックリンで行列ができるほど人気だという「ゴリラコーヒー」。1月にオープンした渋谷店は、神南というファッションエリアの一角にシンプルかつスタイリッシュな店構えで目を惹きます。
 とはいえ、いくつものコーヒーショップがしのぎを削る東京ですから、ブルックリンという看板とお洒落コンセプトだけでは揺るぎませんよ! とばかりに鼻息荒く出かけたところ、しょっぱなから「コーヒーなのにレッドアイ!?」「ゴリラドッグって何!? 気になる!」と、前のめり状態であれこれ店員さんに質問。ちなみに、レッドアイとはブラックコーヒーにエスプレッソを1ショット加えた、濃くてパンチのあるコーヒーということ。午前中なので目を覚ますべく、こちらを1杯と、(ブルックリンとNYはイコールではないという話ですが)NYと言えばホットドック!? と、イメージだけでゴリラドッグを注文。

 5d9e02bbff7e079ef7e573dc26fa19db.jpg

レッドアイ370円、ゴリラドッグ650円(税込み)

 コーヒーメインで軽食はそこそこかと思いきや、ベーカリーで売っているような本格的なパンにホットドッグ、カリカリに揚げたフライドオニオンにザワークラフト、自家製のトマトケチャップと、見た目にも心が躍る一品が到着! パンはゴリラドッグのために特注したものを使用しているそうで、それ自体もとっても美味。一見、固そうに見えてサクッと噛めて、モチモチの食感がたまりません。
 そう、こちら、コーヒーはもちろんのこと、フードもかなり充実しているのが特徴なのです。ゴリラドッグのクオリティの高さを実感した瞬間、「ステーキサンド」も気になるし、チーズ好きとしてはチーズドッグも食べてみたいと新たな欲望が。最近メディアでよく取り上げられている「エッグスラット」もあり、ブレイクタイムとばかりにふらっと立ち寄るというより、食を目当てに通いたくなります。

 渋谷の一等地にありながら、テーブルとテーブルの間が詰まったお店とは一線を画し、高い天井に落ち着ける広さと居心地もよし。狭い日本のルールに染まらず、ブルックリンらしさを残しているのだとか。そのワイドな感覚は、パンの大きさにも反映されており、クロワッサンなどカウンターで販売しているパンはなんと通常の1.5倍! 軽食どころか、メインにもなり得るボリュームも、「インパクト重視」なゴリラコーヒーの意図するところだそう。

c5e13bc4933c071f1227889874cd959c.jpg

インパクトがポイントということで、パンも通常の約1.5番の大きさだそう。

 平日はひとりでくつろぐ客も多く、パソコンを開いたり、思い思いに過ごせる贅沢空間。赤黒白を基調としたゴリラデザインのオリジナルグッズも今後続々展開されていくそうなので、こちらも楽しみです。

9eb9af38b00651d3b66b6492e5e5444d.jpg

コンセントのある席では充電したり、PCに繋いでいる人も。

(取材・文:根岸聖子 マンガ&イラスト:小迎裕美子 撮影:松橋晶子[PPI])

■ゴリラコーヒー渋谷店
住所:東京都渋谷区神南1-20-17 1-2F
電話番号:03-5784-2747
営業時間:[平日]7:30~20:00、[土・日・祝]10:00~22:00、不定休、座席数73
料金:コーヒー270円~、フード230円~、各種スイーツ200円~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読