日本のワインを味わうべくシャトー・メルシャンへGO!

Web版TRY

2015/04/28

49bf190c2cf135709d485b4bade4e94c.jpg

最近ではコンビニでも手軽に安くて美味しいワインが手に入るようになりましたが、ちょっとワインに興味が出てくると、今度は知りたいという欲求が生まれます。普段は海外産のワインばかり飲んでいて、日本のワインについては実はよく知らないこと、そして日本にもワイナリーがあるのに行かない手はない! ということで、暖かな春の日に山梨県は勝沼にある「シャトー・メルシャン」へ。こちらは1877年に日本で最初に誕生した民間ワイン会社『大日本山梨葡萄酒会社』がルーツ。資料館を見学すると、ウイスキーを題材とした朝ドラ『マッサン』の世界のワイン版といった印象で、その歴史は朝ドラ視聴者ならば、よりドラマチックに脳内で変換されるでしょう。

5e5e7defb5144b29e9a07a3f1eac2a1b.jpg

ひんやりとした地下に行くと、温度管理された「シャトー・メルシャン」の ワインセラーが。全部で500樽ほど貯蔵されているそう。ちなみに、樽1個で750mLのワイン約300本分!

 ツアーでは、まずはVTRでブドウ栽培とワイン造りの基礎知識をインプット。原料となるブドウ栽培からしてかなり繊細で手が込んでおり、ワインのマニアックさと奥深さに触れることができます。そしてオーク樽がズラリと並ぶ地下のワインセラーを見学できるのは、このワイナリーツアーでのみ! ひんやりとした空気の中、出番を待つ熟成中のワインへの想いが募ってきたところで、待ってましたのテイスティングタイムに!
 レストランやバルなどでは、いつも適当に選んで飲んでいましたが、ここではブドウの品種や年代、産地や醸造法の解説を聞きながら、一度に6種類ものワインを飲み比べることができます。

58ab0b2e091d6789b01c83257670fd45.jpg

テイスティングの作法を教えてくれたワインアドバイザーの齋木万起子さん。色を見る→香りを確認→味わうの順番でワインを徹底チェック!

 この日は「穂坂のあわ」(ロゼ・スパークリング)から始まり、「シャトー・メルシャン甲州きいろ香」(白)「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ」(白)「日本の地ワイン 大森リースリング」(白)「日本の地ワイン 国中マスカット・ベーリーA」(赤)「シャトー・メルシャン 長野メルロー」(赤)というラインナップ。まずは色を見て、さらに香りを楽しむために、ワイングラスを回して空気に触れさせます。この動作、人の真似して適当にやっていたけれど、そういうことだったのね……とコッソリ納得。そして口に含み、味を堪能します。「穂坂のあわ」での「綿飴の香りがしますね」という解説に、確かに言われてみればそんな感じ! とワインの香りと味の表現の難しさと面白さに、さらに深みにハマりそうな予感が。「火を入れた果実の香り」「濡れた落ち葉の香り」など、思いつかないような表現が次々と放たれるので、こちらも答え合わせとばかりにグイグイ飲んでしまいます。
 今までは「美味しい!」「う~んイマイチ」というぐらいでしたが、もっと勉強して味わっていきたくなります。以前のワインブームのときは、あーだこーだ言いながら飲む年上の人たちを見て、「難しいこと言いながら飲んでて何が楽しいんだ!?」と疑問に感じたものでしたが、今回ばかりは、この奥深さは大人が長~く楽しめる趣味、ライフワークになり得ると心底思いました(飲み過ぎ注意…!)
 そして合う料理についても細かく教えてくれるせいか、若干お腹が空いてきたところに、ランチやおつまみも楽しめるカフェが待っています。コンテストで賞を受賞したワインの3種類セットなど、ワイナリーならではのメニューがうれしい。のんびりとブドウ畑を眺めながら、優雅に質のよいワインが味わえます。気に入ったワインはショップで購入もできるし、このショップでしか買えない貴重なワインもあり。GLOWチームも、それぞれがテイスティングで気に入ったワインを購入しました。

6231e3bb4712176810e255dea4658743.jpg

カフェではコンクールで受賞したワインを3種類味わえて、しかもお値段1800円!(季節によって内容は異なります)

a4e7d5cb1b21411a75ad46e84dc654eb.jp

暖かい季節は屋外で。ランチセットをはじめ、チーズなどのおつまみやデザートも。大人の春の遠足にぴったり。

 セレクトされるワインはシーズンによって変わるということで、何度も足を運びたくなります。ワインに興味がある人、これから新たな扉を開けたい人にこそ、訪れて欲しいスポットです!

(取材・文:根岸聖子 マンガ&イラスト:小迎裕美子 撮影:松橋晶子[PPI])

■シャトー・メルシャン ワイナリーツアー
住所:山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1
営業時間:9:30~16:30 1日1回のベーシックコース10:30~11:30(500円) スペシャルコース13:00~14:30(1000円)ほか土日祝日のみのエクスクルーシヴコース(2000円)がある
定休日:火曜および年末年始
電話予約:0553-44-1011(9:30~16:30)
WEB予約:http://www.chateaumercian.com/
※今回体験したコースは、「スペシャルコース」となります。
※臨時休業もあるため、ご予約の際は営業カレンダーを事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

GLOW通信を購読する

Twitterでフォロー

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読